厳寒のブックガイド

今日は全国的にものすごく冷え込みました。
これだけ冷え込むと心身ともに緊張状態となり、案外風邪はひかないものです。
むしろ温度の変化に弱いので、少し寒さが小康状態になった時が要注意ですね。

この方はまだまだ健在です
「日本の論点 2018~19」 大前研一 プレジデント社


大反響につき発売前大幅増刷!良くも悪くも話題の人です
「橋下徹の問題解決の授業 大炎上知事編」橋下徹 プレジデント社


母校鹿児島大学で学生たちに真剣に説教
「活きる力」稲盛 和夫 (著),‎ 鹿児島大学 稲盛アカデミー (編集) プレジデント社


この人が亡くなって早3年。器用な俳優ばっかりになりました
「高倉健ラストインタヴューズ」野地秩嘉  プレジデント社


死とはどんなものなのでしょう
「「ありがとう」といって死のう 」髙木 慶子 幻冬舎


旅ができるということは、奇跡のようにありがたいこと
「こういう旅はもう二度としないだろう」銀色 夏生 幻冬舎


頑張りすぎが一番の毒
「100歳まで生きる手抜き論 ようやくわかった長寿のコツ」吉沢 久子  幻冬舎新書


夫婦も所詮は他人。コミニケイションは大事です
「僕と妻の場合――僕たち夫婦が仲良く暮らしている理由」漢弾地  飛鳥新社


なんか私にとっては空想読み物のような感じです。実用的に読める人はスゴイ
「超一流ハイエンドに選ばれる魔法のルール」高野睦子 飛鳥新社


ありそうでなかった驚きの一冊
「THE BOOK OF YOU 自分を「整える」365日の本」ジェイミー・オリヴァー(コントリビューター) (著),‎ 英国YOUチーム (編集),‎ 江口 泰子 (翻訳) 飛鳥新社


今日は自己啓発っぽい本が多かったですが、人間はそう簡単に変われないと思います。
けれど読書によってほんの少しでも自分を違う角度から眺めることができるかも知れません。


こちらのブログもぜひご覧ください↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】

今日は新聞休刊日につき

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は新聞休刊日につき出版広告がありません。

なので私の好きな作品をご紹介します。

この人の小説は大好きでほとんど読んでいます。寡作なのが残念です。

奇妙な味というか奇想というか
「11 eleven」津原 泰水 河出文庫


今のところ一番新しい文庫です
「歌うエスカルゴ」津原 泰水 ハルキ文庫


人形愛みたいなものもこの人の作品に通底するテーマのひとつです
「たまさか人形堂物語」津原 泰水 文藝春秋

「たまさか人形堂それから」津原 泰水 文春文庫


こんな面白い小説を読まないのは損です
「ピカルディの薔薇 幽明志怪」津原 泰水 ちくま文庫

「蘆屋家の崩壊」津原 泰水 集英社文庫

「猫ノ眼時計 幽明志怪」津原 泰水 ちくま文庫


学園探偵物といえばそうですが、少女と少年のイノセントに泣けてきました
「ルピナス探偵団の当惑」津原 泰水 創元推理文庫

「ルピナス探偵団の憂愁」津原 泰水 創元推理文庫


とても面白いのでぜひご一読ください!

こちらのブログもぜひご覧ください↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】






日曜日の書評から

読売新聞書評欄より気になった書籍をご紹介いたします。

私が社会に出た頃、「ニューアカ」なるものが大流行しました
「現代日本の批評 1975-2001」東 浩紀 (著),‎ 市川 真人 (著),‎ 大澤 聡 (著),‎ 福嶋 亮大 (著) 講談社


カラヴァッジョの波乱に満ちた生涯を描いた決定版。
「カラヴァッジョの秘密」コスタンティーノ・ドラッツィオ (著),‎ 上野 真弓 (翻訳)河出書房新社


兼好法師=吉田兼好ではない?
「兼好法師 - 徒然草に記されなかった真実」小川 剛生  中公新書


「本」とは人間にとってなんなのか。著者の遺作となりました。
「書物の宮殿」ロジェ・グルニエ (著),‎ 宮下 志朗 (翻訳) 岩波書店


時間の無さが心の余裕のなさにつながり、読書の傾向として読むのに時間のかかるもの、理解するのに思考力を使うものを避けてしまっています。
日常にどっぷり埋没してしまい、読みたい本は山ほどありますが、知力とそれを支える体力がありません。
こんな言い訳を自分に言い聞かせながら日々を過ごしています。

↓こちらのブログもぜひご覧ください↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】

今日の書籍情報

今日は子供の本からご紹介します。

ちっぽけなクラゲとひとりぼっちで旅するほうき星のせつなくいとしい物語
「星につたえて」安東 みきえ (著),‎ 吉田 尚令 (イラスト) アリス館


人気お笑い放送作家の初絵本
「ヨッ! けつやまシリノスケ」うちむら ひろゆき (著),‎ かめざわ ゆうや (イラスト)成美堂出版


累計30万部の大人気絵本。絵に味わいがありますね
「だじゃれ日本一周」長谷川 義史 理論社


文学界騒然。14歳の中学生作家の圧倒的デビュー作
「さよなら、田中さん」鈴木 るりか  小学館


この人はすごいペースで本をだしますね
「40代でシフトする働き方の極意」佐藤 優 青春新書インテリジェンス


文系でも面白いほどわかるナットクの科学雑学
「日本人の9割が答えられない 理系の大疑問100」話題の達人倶楽部 (編集) 青春文庫


四季を重んじ、人生の説目を大切にする
「日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心」飯倉 晴武 青春新書インテリジェンス


連続ドラマ化
「町工場の娘」諏訪 貴子 日経BP社


↓こちらのブログもぜひご覧ください↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】




今日の書籍情報

今日の新刊情報からご紹介いたします。

ハーバード大学発、哲学的思考のレッスン
「誰の健康が優先されるのか――医療資源の倫理学」グレッグ・ボグナー (著),‎ イワオ・ヒロセ (著),‎ 児玉 聡 (翻訳) 岩波書店


見出された「時間・空間・建築」の哲学
「残像のモダニズム――「共感のヒューマニズム」をめざして」槇 文彦 岩波書店


書くこととは生きることの理由だろうか
「書物の宮殿」ロジェ・グルニエ (著),‎ 宮下 志朗 (翻訳) 岩波書店


ロケットの基礎理論を打ち立てたロシア人科学者の書下ろし評伝
「宇宙飛行の父 ツィオルコフスキー: 人類が宇宙へ行くまで」的川 泰宣 勉誠出版


世知辛い世の中ですからせめて知識だけでも準備を
「第2版 一人でつくれる契約書・内容証明郵便の文例集―サンプル書式ダウンロード特典付き」安達 敏男 (編集),‎ 吉川 樹士 (編集) 日本加除出版


ニコールキッドマン主演で映画化
「ファング一家の奇想天外な謎めいた生活」ケヴィン ウィルソン  西村書店


直感こども美術館シリーズ
「すごいぞ!ニッポン美術」結城 昌子  西村書店


日本人よGHQの洗脳から目を覚ませ
「マッカーサーの呪い 永久革命の種 -今なおアメリカの罠に嵌まったままの日本」青柳 武彦 ハート出版


腫瘍免疫学を追求し続けてきた著者による免疫新薬の解説書
「新生ペプチドと ビックリする がん免疫新薬の力」星野 泰三 株式会社青月社


柔軟剤や消臭スプレーはこんなに怖い
「香害(こうがい) そのニオイから身を守るには」岡田 幹治 金曜日


カラテカ 矢部太郎の奇跡の実話漫画。11万部突破
「大家さんと僕」矢部太郎 新潮社


老後の指針を書物に求めるのはよいことかも
「孤独のすすめ - 人生後半の生き方」五木 寛之 中公新書ラクレ


日本人は世界でこんなにイジられている
「新・世界の日本人ジョーク集」早坂 隆 中公新書ラクレ


SNS上の仲良しが一番怖い
「ストーカー - 「普通の人」がなぜ豹変するのか」小早川 明子 中公新書ラクレ


GSとはガソリンスタンドのことではありません
「グループサウンズ文化論 - なぜビートルズになれなかったのか」稲増 龍夫 中央公論新社


よく眠れるためには身体的なことも大事ですが心の問題もありますね
「1万人を治療した睡眠の名医が教える 誰でも簡単にぐっすり眠れるようになる方法」白濱 龍太郎 アスコム


子どものころはよく食べさせられました
「血管を強くする「水煮缶」健康生活」女子栄養大学栄養クリニック (著),‎ 田中 明 (監修) アスコム




↓こちらのブログもぜひご覧ください↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】

ポイントサイトは高還元率のハビタス。登録はこちらから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

金曜日のブックガイド

なんとか一週間を乗り越えて金曜日になりました。
今日は12月8日。ネット上でもものすごくたくさんの人がこの人の命日を悼んでいます。
ありていに言えば私もその一人です。
この人が生きていれば少しだけ世界が変わっていたかもしれません。
この人が死んだあとも世界中の人々がこの人の音楽により救われたと思います。
愛と平和という誰もが望んでいるのになぜか得ることができない二つのものをただ追い続けた人でした。
ちょっと神格化しすぎてしまいました。ごめんなさい。
いちばん好きな曲をご紹介いたします。
歌詞もこの通りシンプルなものです。
Love is real
Real is love

Love is feeling
Feeling love

Love is wanting
To be loved

Love is touch
Touch is love

Love is reaching
Reaching love

Love is asking
To be loved

Love is you
You and me

Love is knowing
We can be

Love is free
Free is love

Love is living
Living love

Love is needing
To be loved

「LOVE」ジョン・レノン


それではまいります。
第一線の研究者の綿密な議論により誕生
「条解信託法」道垣内 弘人[編著] 弘文堂


この人は没後ほぼ一年です
「カストロ 上 」「カストロ 下」セルジュ ラフィ  原書房



スターバックスの元社長の本
「カップは満たされてる?」ハワード・ビーハ― 東洋館出版社


それでは今夜はこのへんで。
よい週末をお過ごしください。

↓こちらのブログもぜひご覧ください↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】



新聞に掲載された書籍広告の情報をお届けするブックガイド

今日ば木曜日。
土日が休みの人はやっとここまできましたね。
土日が休みじゃないひとはいよいよ忙しい週末が近づいてきますね。
いずれの皆さんにもまずはこの曲をお届けします。
David Bowie - Thursday's Child


それではまいります。
資産形成と生活設計をサポート
「暮らしとおかね Vol.2 」ビジネス教育出版社  ビジネス教育出版社


初めての子育てに安心を
「3~6歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス」明橋 大二 (著),‎ 太田 知子 (イラスト) 1万年堂出版

「0~3歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス」明橋 大二 (著),‎ 太田 知子 (イラスト) 1万年堂出版


この問いに答えはあるのでしょうか。生きてるあいだはわからない気がします。
「なぜ生きる」明橋 大二 (著),‎ 伊藤 健太郎 (著),‎ 高森 顕徹 (監修)1万年堂出版


なぜ世界の指導者は独裁者ばかりなのか
「悪の指導者(リーダー)論」山内 昌之 (著),‎ 佐藤 優 (著)小学館新書


今年はものすごく検索頻度があがった言葉でしょうね
「忖度バカ」鎌田 實 小学館新書


この人の言葉に魅かれるヒトが多いです。自制の効いた方のイメージがあります
「伝わるちから」松浦 弥太郎 小学館文庫


12月は1年のうちでも過ぎ去るスピードが圧倒的に早く感じますね。
凡人以下の悲しさか今年もやり残したこと山積みで年が過ぎようとしています。
皆様もお互い忙しい日々ではありますが、少し立ち止まってゆく年を名残惜しみましょうか?

↓こちらのブログもぜひご覧ください↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】

今日の新聞広告から書籍のご案内

いよいよ冬も本番に突入しました。
皆様もお風邪などひかぬよう体調管理には充分お気をつけください。

それでは今日のブックガイドまいります。

海のような広い心で生きるには
「こころころころ はがきで送る禅のこころ」横田 南嶺 青幻舎


地域を盛り上げる76のアイデア
「ブレーン 特別編集 合本 地域を変える、アイデアとクリエイティブ! 読本」ブレーン編集部 宣伝会議


PRのプロが教える目からウロコの思考法
「人を振り向かせる“さわぎ"のおこしかた」山崎祥之 東邦出版


子どもが絶対に笑う読み聞かせ本
「えがないえほん」B J ノヴァク 早川書房


うつ病治療の最前線に迫る
「治す! うつ病、最新治療 ──薬づけからの脱却」リーダーズノート編集部  リーダーズノート


建ててしまった人は読まないでください。ショックを受けますから
「新「いい家」が欲しい。 改訂版II」松井 修三  創英社


WOWWOWの話題ドラマ原作
「名刺ゲーム」鈴木 おさむ 扶桑社文庫


家に一冊あってもよいのではないですか
「今がわかる時代がわかる 世界地図 2018年版」成美堂出版編集部 成美堂出版


家に一冊あってもよいのではないですか
「今がわかる時代がわかる 日本地図 2018年版」成美堂出版編集部 成美堂出版


15万人がみている話題のレシピが待望の書籍化
「ただ、美味しいだけの晩ごはん - 地味で、茶色くて、ありふれてるけど、一番ほっとするMAYA家の食卓 -」
MAYA   ワニブックス


ちょっぴりおませな女の子の愛おしすぎる121エピソード
「しーちゃん - ようちえんも、いろいろあるわけ」こつばん ワニブックス


今日は文春文庫の新刊広告が掲載されていました。好きな著者の本一冊だけご紹介します
「内田樹による内田樹」内田樹 文春文庫


それでは週の後半戦がんばりましょう。いやいやですけど。

↓こちらのブログもぜひご覧ください。↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】

本日の書籍案内

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

貨幣への際限なき欲望から人間は解放されるのか
「資本主義と死の欲動 〔フロイトとケインズ〕」資本主義と死の欲動 〔フロイトとケインズ〕 藤原書店


スティーヴンキング絶賛。でもこの人はほめ殺しの名人でもあるので要注意かも
「H・P・ラヴクラフト:世界と人生に抗って」ミシェル・ウエルベック 国書刊行会


錯乱必至のメタホラーエンタテイメント
「誰がスティーヴィ・クライを造ったのか?」マイクル ビショップ 国書刊行会


ジミーペイジがこの人に心酔していましたね
「麻薬常用者の日記〔新版〕 II地獄篇」アレイスター・クロウリー 国書刊行会


外国人労働者は100万人を突破したそうです
「新 移民時代――外国人労働者と共に生きる社会へ」西日本新聞社 (著, 編集) 明石書店


ホッとするカラー写真で「徒然草」を味わいましょう
「こころ彩る徒然草 ~兼好さんと、お茶をいっぷく」木村 耕一  1万年堂出版


「お一人様」の終活本
「独居の人たちのお一人さま安心計画ノート」田代尚嗣   産学社


弘法大師空海が伝えた秘伝奥伝ここに復刻
「完全詳解 密教占星術奥義 破門殺」脇 長央 (著),‎ 羽田 守快 (監修) 説話社


約30年ぶりの刊行
「フィールド図鑑 日本の野鳥」叶内 拓哉 (著),‎ 水谷 高英 (イラスト) 文一総合出版


大切な人に贈りたいこの冬最高の物語
「クリスマスを探偵と」伊坂幸太郎 (著),‎ マヌエーレ・フィオール (イラスト)  河出書房新社


新たな「老い」を生きるための感動作
「おらおらでひとりいぐも」若竹千佐子  河出書房新社


53万部突破!
「サピエンス全史 単行本 (上)(下)セット」ユヴァル・ノア・ハラリ 河出書房新社


イギリスのエリート校の入試で行われている超絶な思考実験
「オックスフォード&ケンブリッジ大学 世界一「考えさせられる」入試問題: 「あなたは自分を利口だと思いますか?」」 ジョン ファーンドン 河出文庫


広辞苑第七版が2018年1月12日に発売になります。
この辞書に掲載されてはじめてちゃんとした言葉として認められた感じがします。
予約特典として三浦しおんさんによる広辞苑探訪記「広辞苑をつくるひと」小冊子がもらえます。

私も中学の入学祝いに広辞苑をもらいました。
電子辞書もネットもなかった昔なのでかなり濃密な時間を過ごしたと思います。
本の重さが知識と情報の重さと感じられました。
広辞苑に限らず、本との幸せな付き合いがありました。
書物にはパソコンやスマホの画面にはないフェティッシュな魅力があると思いませんか?

↓よろしければこちらのブログもぜひご覧ください↓

クロスカルチャーレビュー【so bad review】

なんとか月曜日を乗り切りましたね。今日のブックガイド

なんとか今日を乗り切りましたね。

この曲を送ります。大好きな曲です。
 New Order -「 Blue Monday」


それではまいります。
もうこんな季節です
「大晦日だけでできるおせち」太田 静栄 (著),‎ ei cooking編集部 (編集) エイ出版社


うただと英語も頭に入りやすいかも知りません。茂木健一郎氏推薦
「CD2枚付 頭のいい子が育つ 英語のうた45選」新星出版社編集部  新星出版社


死ぬのはどんな気持ちなのか、先生に教えてほしい
「日野原重明の世界 」中央法規出版


本日は雑誌の広告が多かったので書籍はこれくらいです。夕刊の書評欄から紹介いたします。

本が好きすぎて、本をだしました。出版女子の時代が来た!?
「本の本: 夢眠書店、はじめます」夢眠 ねむ 新潮社


この方もなかなかの本読みですね。現役京大院生にして話題の天狼院書店のスタッフ
「人生を狂わす名著50」三宅香帆 (著),‎ 今日マチ子 (イラスト)  ライツ社


若い頃夢中になって読んだ大好きな作家です。現役でいらっしゃるのがうれしいです。
「オーバーロードの街」神林長平 朝日新聞出版


はしだのりひこさんが亡くなられました。年齢的には少し早すぎますね。
この方が活躍した時代は私は子供でしたけどかろうじて歌は覚えています。 合掌。
「花嫁」 はしだのりひことクライマックス