ディヴィッド・ギルモア このギタリストが好きだ

david_gilmour20160310.jpg
 ディヴィッド・ギルモアはプログレッシヴバンド「ピンクフロイド」のメンバーで、ロジャー・ウォーター
ス脱退後はリーダーとしてそのサウンドの中核を担い、バンドを牽引しています。

そのプレイスタイルはブルースを基調としていますが、フレーズとトーンは変幻自在で、ストラトキャスターの性能を極限まで引き出してるギタリストの一人といえます。
 
とてもゆっくりとしたメロディが基調でありながら、胸に突き刺さるようなフレーズや、魂がどこかへもっていかれるような広漠とした旋律が彼のギターでは表現されます。
 
その壮大なサウンドメイクのためライブにおける機材も膨大で、ある時ポール・マッカートニーのオールディーズをカバーするツアーに呼ばれた時、ポールに「機材はできるだけシンプルに」と言われて、シンプルがどれくらいかわからず、戸惑ったという逸話があります。
 
ギタリストとしてだけではなく作曲者としても優秀で、ピンクフロイドの後期の名作や自己のソロアルバムの楽曲を作っています。またケイト・ブッシュのデビューにもおおいに貢献しています。
 
 元気なうちにもう一度ロジャー・ウォーターズとの共演でピンクフロイドのアルバムを制作したりコンサートをして欲しいと願うのはファンの我が儘でしょうか。
 
 Comfortably Numb" solo - David Gilmour,



日曜日のブックガイド 20171224

それではまいります。

あがり症は治すより隠す
「上手にあがりを隠して人前で堂々と話す法」丸山 久美子 同文舘出版


パソコンで作るよりなぜか手書きPOPが人を惹きつける
「売れる! 楽しい! 「手書きPOP」のつくり方」増澤 美沙緒  同文舘出版


海岸植物限定というめずらしい図鑑
「日本の海岸植物図鑑」中西 弘樹  トンボ出版


横浜美術館の公式図録
「石内都 肌理と写真」求龍堂


熱烈で情熱的な薔薇と女たち
「佐々木豊画集 薔薇と海」佐々木豊 求龍堂


お酒好きの人必見!
「酒好き医師が教える 最高の飲み方」葉石 かおり (著),‎ 浅部 伸一 (監修) 日経BP社


株は練習でうまくなる
「一生モノの株のトリセツ」相場 師朗  宝島社


がん予防には野菜スープが一番
「最強の野菜スープ」前田 浩  マキノ出版


それでは今年最後の一週間、お互いがんばりましょう。ほどほどに。

ブックガイド 20171221

元乗組員らが克明に証言した記録映画がDVDブックになった
「日本が誇った巨大戦艦 「武藏の最期」が蘇るDVD BOOK」宝島社


本好きに上も下もないですけどねぇ
「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません 第四部」香月美夜 TOブックス


宿場町の成り立ちや魅力を紹介した写真紀行
「宿場町旅情 写真紀行 」清永 安雄 産業編集センター


詩人はエッセイも面白い
「もぐ∞(もぐのむげんだいじょう)」最果 タヒ 産業編集センター


図書館が舞台だと興味をそそられますね
「みさと町立図書館分館」髙森 美由紀 産業編集センター


今話題の孫ブルーにさよなら
「子や孫にしばられない生き方」河村 都 産業編集センター


書籍広告ではないですが、日本のブルースハープの第一人者、妹尾隆一郎さんが亡くなられました。合掌。
「ブルース・ハープの常套句」 妹尾隆一郎 リットーミュージック



こちらのブログもぜひご覧ください↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】

今日のブックガイド 20171220

本物の和の心はどれだ
「「日本の伝統」の正体」 藤井 青銅  柏書房


進学資金にお悩みのご家庭必見
「大学進学のための全国"給付型"奨学金データブック」給付型奨学金研究会  産学社


ゼロを無限に変えた経営者たち
「「今はまだ小さな会社」が進化するための101の手がかり」大西 肇 合同フォレスト


チーズ好きにはたまらないレシピの数々
「チーズ☆マジック」小野孝予 清流出版


作家の創作力のすさまじさに頭が下がります
「妻に捧げた1778話」眉村 卓 新潮新書


この人は昔とキャラが変わりましたね
「中韓がむさぼり続ける「反日」という名の毒饅頭」ケント・ギルバート  悟空出版


介護にまつわる本はどれも明日は我が身ですね
「母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記」松浦 晋也 日経BP社


この二人が読み直すと「古典」はこんなに面白い
「変調「日本の古典」講義」 内田樹 安田登   祥伝社


メガバンクのリストラが始まった!
「銀行消滅 新たな世界通貨(ワールド・カレンシー)体制へ」副島隆彦 祥伝社


こちらのブログもぜひご覧ください↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】

今日の書籍広告 20171219

今日は火曜日。
まずはこの曲をどうぞ。
The Rolling Stones - Ruby Tuesday, Live in Paris 1967


この人の小説はあざといとわかっていても泣かされます
「おもかげ」浅田 次郎 毎日新聞出版


今、女性がもっとも読んでおきたい一冊
「潤うからだ」森田 敦子 ワニブックス


予測絶対不可能のぶっちぎりサスペンス巨編
「俺はエージェント」大沢 在昌 小学館


恋愛+ミステリの傑作エンタテイメント
「白磁海岸」高樹 のぶ子  小学館


切なさ全開の青春小説
「猫の話をそのうちに」松久 淳 小学館


私たちは何をもって家族となるのか
「ウズタマ」額賀 澪 小学館


群れない、媚びない、断捨離しない。俺のことはほっといてくれ
「万事正解」角野 卓造 小学館



こちらのブログもぜひご覧ください↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】

月曜日がキライな人のブックガイド

まずはこの曲

The Boomtown Rats - I Don't Like Mondays


日本にいる危険生物102種。表紙もイカしてますね
「すごく危険な毒せいぶつ図鑑」西海 太介  世界文化社


これは必読かも
「やばいウンチのせいぶつ図鑑」今泉 忠明 世界文化社


日本列島と朝鮮半島の密なる交流史
「穴師兵主神の源流: 海東の古代史を繙く」皆神山 すさ 彩流社


切って組み立てる3Dアート写真
「フォトモの世界」糸崎 公朗  彩流社


絵を学ぶための思考法教えます
「絵はすぐに上手くならない」成冨 ミヲリ 彩流社


冬を旅するドキュメンタリーフォトエッセイ
「ふゆのね 」立山紘  創英社/三省堂書店


定年後いくら必要なのか? そんな不安感じる必要一切なし!
「定年バカ」勢古 浩爾 SB新書


筋膜リリースってなんぞね?
「自分でできる! 筋膜リリースパーフェクトガイド──筋膜博士が教える決定版」竹井 仁 自由国民社

「やせる! 筋膜リリース ダイエット編──筋膜博士が教える決定版」 竹井 仁 自由国民社


洋菓子すきですか、私は大好きです
「歴史をつくった洋菓子たち―キリスト教、シェイクスピアからナポレオンまで」長尾 健二 築地書館


何歳になっても挑み続ける人がいる
「天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生」加藤 一二三  日本実業出版社


プロ直伝のゆとりをうむ37の時短テクニック
「世界一シンプルな家事」本間 朝子 日本実業出版社


この人もある意味で道を究めています
「ダレデモダンスエクササイズ : 楽しく踊ってダイエット&認知症予防」SAM 徳間書店


本の雑誌ベストテン 2017年第一位!
「オブリヴィオン」遠田 潤子 光文社


いよいよ整理収納界へ殴り込みか?
「人生を思い通りに操る 片づけの心理法則」メンタリストDaiGo 学研プラス


今日の夕刊にはミステリーの書評が掲載されていました。一冊だけとびきり面白いエンタテイメントを。
早川書房の「ミステリーが読みたい2018年度」国内編トップです。
「機龍警察 狼眼殺手」月村 了衛 ハヤカワ・ミステリワールド


さて気が重いけど今週もとにかく一週間流されますか。
皆様も無理しないように、風邪などお召しになりませぬよう。


こちらのブログもぜひご覧ください↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】

ブックガイド&書評 20171217

知られざる警察小説の傑作
「13・67イチサンロクナナ」陳 浩基  文藝春秋


誰にどんなメリットがあるのでしょうか
「悪だくみ 「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞」森 功  文藝春秋


お尻が垂れるのは年齢のせいではない!
「美尻トレ 究極のヒップメイク」岡部 友 文藝春秋


私たちの祖先の知られざる歴史
「ゲノムが語る人類全史」アダム ラザフォード 文藝春秋


ミステリー史上最も切ない心理戦
「木洩れ日に泳ぐ魚 」恩田 陸 文春文庫


シリーズ最新刊
「ブラタモリ 12 別府 神戸 奄美」NHK「ブラタモリ」制作班  KADOKAWA

「ブラタモリ11 初詣スペシャル成田山 目黒 浦安 水戸 香川」 NHK「ブラタモリ」制作班 KADOKAWA


いまの季節はやっぱりお鍋ですね
「じんわり美味しい 楽々鍋レシピ」汲玉 笠倉出版社


医者に使う金があれば靴に使え!
「歩き方で人生が変わる。 幸せになる10の歩き方」長尾 和宏 山と渓谷社


ここからは今日の読売の書評から気になったものをご紹介します。

お菓子作りは女の子のお遊びではありません
「いかさまお菓子の本: 淑女の悪趣味スイーツレシピ」クリスティン・マッコーネル (著),‎ 野中モモ (翻訳) 国書刊行会


起業なんて雲をつかむような話? いいえそうではありません。
「起業の科学 スタートアップサイエンス」田所 雅之 日経BP社


哲学の現場で、生きる根源にかかわる言葉はどのように語られるのか
「新哲学対話: ソクラテスならどう考える?」飯田 隆 筑摩書房


さあ明日からまた新しい一週間が始まります。あまり気張らないで、肩の力を抜いていきましょう!

こちらのブログもぜひご覧ください↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】


今年のベストセラー

今日の読売新聞一面には今年のベストセラーの広告がならびました。

史上初の直木賞&本屋大賞ダブル受賞作
「蜜蜂と遠雷」恩田 陸 幻冬舎


ノンフィクションで15万部。
「友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」」山中 伸弥 (著),‎ 平尾 誠二・惠子 (著) 講談社


料理レシピ本大賞2017大賞受賞。
「世界一美味しい煮卵の作り方 家メシ食堂 ひとりぶん100レシピ」はらぺこグリズリー 光文社新書


年間ベストセラー総合第一位
「九十歳。何がめでたい」佐藤愛子 小学館


勃発から550年、まさかまさかの大ヒット(このコピー面白いですね)
「応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱」呉座 勇一 中公新書


年間ベストセラー文庫部門一位
「君の膵臓をたべたい」住野 よる  双葉文庫


さいごは新刊のご紹介です
31年目の完結編
「天涯無限 アルスラーン戦記 16」田中芳樹 カッパ・ノベルス


こちらのブログもぜひご覧ください↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】

いよいよ明日はあの映画の公開日

いよいよ明日はあの映画の公開日ですね。
楽しみにしていた方も多いでしょう。

それはさておき書籍のご紹介をいたします。

戦後アメリカ美術の進展とデュシャン受容の変遷
「マルセル・デュシャンとアメリカ」平芳 幸浩  ナカニシヤ出版


M-1創設プロデューサーが分析する笑いと言葉
「お笑い芸人の言語学: テレビから読み解く「ことば」の空間」吉村 誠 ナカニシヤ出版


飲食系から作品制作まで様々な教室に対応
「趣味から卒業!しっかり稼げる自宅教室の開業・集客バイブル」高橋 貴子  合同フォレスト


近現代史を動かした宝飾品、腕時計にまつわるドラマを鮮烈に描く
「宝石 欲望と錯覚の世界史」エイジャー・レイデン 築地書館


この本で日本をもう一度ちゃんと知る
「「司馬遼太郎」で学ぶ日本史」磯田 道史 NHK出版新書


あまり神経質になりすぎても子育てはできませんよ
「子どもの脳を傷つける親たち」友田 明美 NHK出版新書


毎日家族のためにごはんをつくることは大変なことですね
「きょうの料理 わたしのいつものごはん」栗原 はるみ NHK出版


とても実れそうにはありません
「50 代から実る人、枯れる人」松尾 一也 海竜社



こちらのブログもぜひご覧ください↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】

今日の書籍のご案内20171213

不安やストレスから自分の人生を取り戻す方法
「マインドフルネスで不安と向き合う」スーザン・M・オルシロ (著),‎ リザベス・ローマー (著),‎ 仲田 昭弘 (翻訳) 星和書店


本の雑誌の2017年度文庫ベスト10第3位。
「マタギ」矢口高雄 ヤマケイ文庫


王子とツバメが紡ぐ愛と自己犠牲の物語
「幸福の王子 」オスカー・ワイルド (著),‎ 建石 修志 (イラスト),‎ 曽野 綾子 (翻訳) バジリコ


患者とその家族を救う一冊
「がんを小さくしていく正しい知識と向き合い方」菊池 学 (著),‎ 和田 洋巳 (監修) 承文堂出版


珍しい!こんな本があったなんて
「日本自動車史 日本のタクシー自動車史 」佐々木 烈 (著)三樹書房


今年もでました
「このミステリーがすごい! 2018年版」『このミステリーがすごい!』編集部 (編集) 宝島社


この方もけっこうな読書家ですね
「小泉放談」小泉 今日子 宝島社


主演:井浦新×出演:成田凌で話題の映画『ニワトリ★スター』の原作小説
「ニワトリ★スター」たなか 雄一狼 宝島社



こちらのブログもぜひご覧ください↓
クロスカルチャーレビュー【so bad review】