ジェフ・ベック 渋さしらずのスーパーギタリスト

0-090310-09.jpg

70歳をこえたギタリストといえば年老いて枯れたブルースマンを連想してしまいますが、私がティーンエイジの頃から熱中したロックのアイドルたちは、今生きている人はことごとく70歳をこえています。

最も熱中したギタリストであるジェフ・ベックも現在74歳です。

しかし枯れたブルースマンではなく、レジェンドではありますが、現役の最先端ロックギタリストです。

最初に買ったレコードは「BLOW BY BLOW」。
ジェフ・ベックの名前も知りませんでしたが、まさに一発ジャケ買いです。それほどかっこいいジャケットでした。

そしてその音にやられました。

これほど多彩なトーンでこれほどかっこいいフレーズを次々繰り出してくる、その唯一無二のギタープレイにやられてしまいました。

その後は新しいアルバムを聴きながらさかのぼって過去の作品も聴いていきました。

バンドをつくっては解散し、理想のサウンドを求め、最終的にはアルバムごとに凄いプレイヤーを集め、作品を発表していくという形に落ち着きました。

近年も精力的に作品を発表したりライブを行なっており、オーセンティックなブルーズに落ち着くことなく、老いるのはまだまだ先のようです。

ジェフ・ベックをみていると、そして聴いていると自分もティーンエイジのギターキッズに戻ったような気がします。